里山4ライフ

30代女子。自給自足の為に必要なノウハウを発信しています!

MENU

荷台コーティングおすすめ6選!軽トラックやピックアップに!

f:id:ai_bou:20190815191506j:plain

突然ですがトラック乗りの皆さん、荷台のコーティングはお済みですか? 

 

まだの方、そのまま放っておくと傷と錆が増えますよー。

 

というわけで、今日は荷台を長持ちさせるための保護材について書きたいと思います。

 

ベッドライナー

荷台専用の塗料のことをベッドライナーと呼びます。

 

トラック乗りの方は、傷防止にゴムマットを敷くなど対策している方がほとんどでしょう。

 

しかし! それだけでは錆や腐食まで防ぐことはできません。

 

完全に保護するには塗装で覆うのが一番!

 

ベッドライナーに必要な性能は?

 耐久性

剝がれたり劣化したりしない性能。

 

厚みのあるものほど強く、厚くすためにザラザラしたチッピング材が入っているものもあり。

 

どのライナーも下地との密着が良ければ簡単に剥がれませんが、さすがに鋭利なものが勢いよく当たったりすると剥がれる場合があります。

耐候性

荷台は常に風雨にさらされるので、屋外でも劣化しない性能です。

耐薬品性

ほかの塗料や溶剤がこぼれてもコーティングが分解したりしない性能です。

防汚性

荷台が汚れても水で洗い流せばすぐにきれいにできる性能。

 

表面がつるつるしたものは落としやすいが、ザラザラのものだとブラシでこすらないと奇麗になりません。

耐塩性

釣り師や漁師にありがちな「塩を含んだもの」を直接荷台に載せる機会があり、塩分によって下地が錆びたり劣化しない性能です。

施工性

DIY可能なものと不可能なものがあります。

 

可能でも大変な工程を踏むものから、スプレータイプでシュッとひと吹きするものまで多種多様です。

無毒性

荷台を素手で触っても人体に害を及ぼさない性能。

 

施工中は別ですが完成後の塗料は科学的に安定しているのでほとんどの場合直接触っても問題ありません。

 

自分に合ったベッドライナーを選ぼう

種類が豊富性能面もそれぞれに特徴があります。

 

防錆、傷防止、泥防止、スタイル重視、経済性、のどれを重視するかで選ぶ商品が変わってくるでしょう。 

 

今日は私独自の視点で調査したもののうち特にオススメできるものを6つ紹介します。

 

ベッドライナーに興味はあるけど

  • どんなものがあるか分からない
  • DIYで施工するにはどれがいいのか
  • 何を基準に選べばいいか分からない

 

そんな悩みを持つ方に役立つ情報ですよ!

 

商品紹介 

LINE-X ラインエックス 

f:id:ai_bou:20190928225803j:plain

私の知っているうち一番強力なライナーで、「荷台保護」で検索したらまず最初にヒットするほど有名です。

 

その耐久性の証拠にアメリカ政府や軍などが採用し、戦車やヘリの外装にも使われています。

 

材質は「ポリウレア」という人工的に作り出しにくい素材を、特殊な技術で塗れるように加工したものです。

 

ポリウレアは安定性と強度が高く、一度固まると分解しにくい性質があります。

 

質感は適度に凹凸がある硬い表面で厚みは約2ミリ。

 

以前は黒一色でしたが最近ではいくつかのカラーバリエーションがあります。

※R1.10.2追記 約480種類ものカラバリがあるそうです!

 

しかし、専用の道具を持っている工場に持ち込む必要があり、硬化に47時間かかるので二日ほど愛車と離れ離れに・・・

 

というわけで残念ながらDIY不可です。

 

DIYでもできるようにしてくれないかなー

 

性能に見合ってお値段もなかなか。

 

軽トラの荷台で15万円~なので予算に余裕がある方向けと言えるでしょう。

 

しかしこのレベルの塗料を軽トラの荷台に塗るのはもはや贅沢なのかもしれません。

 

メーカーサイトはこちら↓

line-x.jp

 

タフライナー

f:id:ai_bou:20190928225845j:plain

特殊なポリウレタン樹脂を荷台に塗装します。

 

 LINEーX と同じく表面はザラザラしていて数種類のカラーバリエーションあり。

 

そしてこれも特殊な装置を使って施工するため DIY 不可です。

 

費用はLINE-Xより安く、軽トラックの荷台で 6万5千円~です。

 

LINE-Xのようなネームバリューには興味ないけど、信頼できるコーティングがしたい人向けのライナーです。

 

メーカーサイトはこちら↓

タフライナー|滝川自工公式ホームページ

 

ラプターライナー

f:id:ai_bou:20190928230103j:plain

 

表面を塗膜で保護する点では LINEーX やタフライナーと同じ。

 

表面の質感もザラザラ系でカラーは黒と白です。

 

そしてこれは DIY で施工可能です。

 

しかし一つ条件が、、、

 

空気の力を利用し車体に吹き付けるので、コンプレッサーが必要なんです

 

DIYできるのはいいことなんですが、決して簡単というわけではありません。

 

塗装を経験した方はお分かりでしょうが、塗りムラを出さないように吹きつけるのって結構難しいですよね。

 

塗りすぎて塗料が垂れてしまったり、くぼんだ場所にうまく塗料が乗らなかったり、被膜の厚みが均等にならなかったり・・・

 

DIYにはデメリットがあることも覚えておきましょう。思い通りに仕上げるには最低限の塗装テクニックが必要です。

 

1L缶単位の販売で、軽トラの荷台を塗るには4缶ほど必要に。。。

 

しかし安心してください!

 

親切に4缶セットで売られています!

 

DIY派でコンプレッサーをすぐに用意できる方にはオススメできます。

 

メーカーサイトはこちら↓

http://www.caesar.ne.jp/raptor/

 

SCコート 

f:id:ai_bou:20190928225902j:plain

 

安心の国産製で、6層構造の水性塗料でしっかりガード。やや弾力のある表面で前者の三つとは少し違う仕上がりです。

 

これも働く車用に開発されたもので、塩水をかぶる漁師のトラックによく施行されるみたいです。 

 

そしてこれもDIYで 施工可能です。

 

さらにラプターライナーと違い、コンプレッサーは必要ありません。

 

刷毛とローラーで塗ります。

 

刷毛で塗るDIYは塗装よりハードルが低く、塗り方を変えることによりザラザラやツルツルなど自分の思い通りに仕上げることができるのがいいところ。

 

カラーは灰色と白のみで、黒はありません。

 

施工はやや面倒、強力な皮膜だけにいくつもの工程があります。

 

まず専用のプライマーを2回重ね塗りし、コーティング剤を塗り、乾いたらトップコートを2回重ね塗り。(もちろん下地のペーパーがけは必要です)

 

 計5回の塗り作業があるので、時間に余裕のある方向けのライナーです。

 

メーカーサイトはこちら↓

www.sc-c.jp

 

ヒッポーライナー

2液ウレタンをベースにした保護塗料で、カラーは黒一色です。(白があるという噂も)

 

DIY可能でコンプレッサーは必要ありません。

 

メリットは簡単に施工できること。1日あれば終わります。

 

1度塗りで被膜が形成されるのでSCコートに比べ手間が少なく、ローラーや刷毛で塗れるので仕上がりの質感調整も可能!

 

塗り始めはネバネバしていますが固まると石のようにカチカチにになります。

 

我が家の軽トラに塗っていますが耐久性も申し分なく、ちょっとやそっとでは剥がれません。

 

f:id:ai_bou:20191002202750j:plain

ザラザラ感を出すため時間をおいてローラーで仕上げてます


1.7Lで販売されており、軽トラックの荷台なら1セットでちょうどいいです。 

 

そしてあまり時間がかからないので、週末DIY派にオススメです!

 

この記事をご覧ください↓

www.satoyama4life.com

 

ホルツ ラストオリューム トラックベッドコーティングスプレー MH21026

f:id:ai_bou:20190829143041j:plain

これはスプレー式の保護塗料でカラーは黒一色です。 

 

特徴は何といっても簡単に塗れること!ローラーでグリグリする必要はありません!

 

被膜はザラザラで、ぱっと見ラプターライナーやヒッポーライナーと見分けがつきません!

 

また同じような種類でチッピングコートという商品もありますが、性能にあまり違いがないためこれについての説明は省きます。

 

吹き付け式なのでラプターライナー同様、塗装テクニックが必要。

 

耐久性は前に紹介した本格的なライナーには負けますが、固まってしまえばそこそこ頑丈。

 

本塗りにはいささか不安なので、私は塗装が剥がれた際の補修用という一時しのぎ的使い方をしています。

 

別に塗るタイプもあり、スプレーより単価が安いです。

 

 

 

 

まとめ

 

いかがでしたか?色々ありすぎて悩みますね。

 

結局は「荷台保護にどこまで本気になれるか」で選ぶライナーが決まってくると思います。

 

当たり前ですが、DIYで施工する場合は下準備として荷台のやすりがけと脱脂、マスキングは必ずやりましょう!

 

これができないとどんな良い塗料もすぐに剥がれてしまいます。

 

最後にそれぞれの特徴を分かりやすく表にまとめたので、これから荷台保護に挑戦する方は参考にしてください!

 

f:id:ai_bou:20190829150324j:plain 

 

この記事もご覧ください↓

 

・軽トラック荷台にヒッポライナーをDIY 手順とポイントについて

 

・軽トラに最適なエンジンオイルの選び方とおすすめオイルの紹介

 

・12インチマッドタイヤ4選!軽トラや軽バンの純正交換にオススメ!

 

 応援よろしくお願いします↓

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ